当サイト「ニュース気になること」は、日々の気になったニュースとその感想を書いています。
更新頻度にムラがありますが(笑)、優しい目で見ていただけると嬉しいですぴかぴか(新しい)

コメント、TBは歓迎です。
ただし、明らかに本文と関係のないサイトからのTBはご遠慮ください。

スポンサードリンク

2009年06月18日

臓器移植法案可決

個人的には賛成ですので、この法案が可決されてよかったと思っています。
海外での臓器移植ができなくなるということで、現状の法案では15歳未満の臓器移植ができなかった為に改正をせまられた臓器移植法ですが、案として出されていた中で一番臓器移植へのハードルが低いA案が採択されました。

参考ニュース
【臓器移植法案可決】年少者に国内移植の道 脳死判定に課題も
MSN産経ニュースより

今回可決されたA案とは…。
1脳死を一律に人の死と見なす
2本人が拒否していない限り家族(遺族)の同意で提供ができる
3提供を15歳以上としていた現在の年齢制限が撤廃される
という特徴があります。
つまり年齢制限が撤廃されるうえに、今までは脳死になった本人の意思表示が臓器移植には必要だったのが、本人の拒否がない限りは、家族の同意があれば提供ができるようになりました。

そもそも脳死とは、俗に植物状態といわれる状態よりもさらに重い状態で、一度脳死になってしまったら、もとに戻ることはないそうです。
心臓が動いているため体は温かいのですが、その後数日その状態が続いた後に心停止になるという状態のことだそうです。

世の中には臓器移植を受けないと助からない命がたくさんあります。
また、不幸にも脳死になってしまった以上、もとに戻ることはないというわけですから、それなら助かる命を助けたほうが社会的にプラスになりますよね。
私がもし脳死になったとして、それで助かる命があるのであればどんどん活用してほしいですし、私の家族が脳死になったとしてもそう思います。

後は、脳死の判定をきちんとできるかどうか?ということと、臓器移植を希望しなかった家族に対して冷たい風当たりが向かないようにすることなどが課題でしょうね。

ただ、命を救う方向へ法が改正されたことはよかったと思います。

※この時点では衆院を通過した状態です。
まだ参院を通るかどうかは分かりませんね…。
なんとなく通ったような書き方をしてしまったので補足です。
posted by nappie at 20:15| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121762714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック