当サイト「ニュース気になること」は、日々の気になったニュースとその感想を書いています。
更新頻度にムラがありますが(笑)、優しい目で見ていただけると嬉しいですぴかぴか(新しい)

コメント、TBは歓迎です。
ただし、明らかに本文と関係のないサイトからのTBはご遠慮ください。

スポンサードリンク

2009年05月16日

テレビの文化

今日は一日雨雨です。
週末にやりたかったことはあったのですが、雨なので延期です。
気持ちがだらけたのか、今日は疲れが出て、ほぼ一日寝てました眠い(睡眠)
まぁ、そういう日もあるさ(笑)

さて、テレビ局の存続が危ぶまれているそうです。
というのも、民放の経営を支えているのはスポンサーですが、テレビCMが視聴者の記憶にほとんど残っていないというのです。
多額の資金を投じてCMを打っても記憶に残ってもらえないのでしたら、スポンサーを降りますよね、普通。そういうことらしいです。

参考
テレビCM衝撃の調査結果 「6割が印象に残らない」
インフォシークより

私の個人的なことを言えば、テレビはあまりみませんので、そもそもテレビCM自体も目にする回数はすくないです。
その分、記憶に残っているCMというのも他の方と比べると少ないでしょう。

ただ、そういう問題以外の問題があると思います。
CMをスキップして録画できる製品というものが登場したことなどで、日ごろ忙しい社会人などが休日に番組を見る場合、そもそもCMが入っていない状態で見ることになっていることが大きいのではないかと思いますね。

CM自体が放送されている時に、特にチャンネルを変えることさえなければ、なんとなくでも記憶に残りそうなものですが、そもそものCMをカットされた状態で見ていれば、そりゃぁ記憶に残るはずもありません。

まぁ、テレビがなくなっても私はあんまり困らないんでいいですが。
タグ:テレビ
posted by nappie at 17:07| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119623081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック