当サイト「ニュース気になること」は、日々の気になったニュースとその感想を書いています。
更新頻度にムラがありますが(笑)、優しい目で見ていただけると嬉しいですぴかぴか(新しい)

コメント、TBは歓迎です。
ただし、明らかに本文と関係のないサイトからのTBはご遠慮ください。

スポンサードリンク

2009年01月06日

2重国籍?

国際線のフライト中に女性が陣痛になり、そのまま女児を産んだそうです。
何よりも、無事に女児が産まれたのでよかったと思います。
ただ今回のようなケースは、ありえなくはないシチュエーションではありますが、法律の観点から見るといろいろ複雑なようです。

参考ニュース
機上でおめでた
MSN産経ニュースより

まず、同じ飛行機に医師が同乗していて、よかったなぁと思ったのですが、やはり一番気になる部分はここでしょう。
「スポークスマンは、女性の国籍は分からないが、女児はカナダ上空で生まれたためカナダ国籍が与えられるのではないかと話している。」(記事より転載)

カナダ上空で生まれたらカナダ国籍かぁ…。
妥当なのかもしれませんが変な感じもしますし(笑)

基本的に、本人が生まれた国の国籍を取得するのは自然なことです。
というわけで、この女児がカナダ国籍を取得できて、なおかつ両親の国籍が違った場合は二重国籍ということになるのでしょうね。

ただ、カナダ上空=カナダで生まれたということになるのかどうかと言えば微妙な気もしますが…。
また、もしどこの国の領域でもない海のど真ん中で生まれたらどうなのか?とか色々気になります。

自分で書いてるだけでもよく分からなくなってきました…。


ただ一個思うのは、これでカナダ国籍が取得できるなら、この手を使えば、子どもに好きな国籍をある程度与えることが出来るようになってしまう気がするんですよね。
そうなると国籍自体が不要な気もしてきますし。

あぁ、分からんわ〜。
posted by nappie at 16:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112233799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。