当サイト「ニュース気になること」は、日々の気になったニュースとその感想を書いています。
更新頻度にムラがありますが(笑)、優しい目で見ていただけると嬉しいですぴかぴか(新しい)

コメント、TBは歓迎です。
ただし、明らかに本文と関係のないサイトからのTBはご遠慮ください。

スポンサードリンク

2008年11月25日

グーグルマップ

先日、元厚生事務次官の殺傷事故で逮捕された小泉容疑者が、住所を図書館で調べたと言っていました。
個人情報が犯罪に使われる危険性がとてもあるという怖い世の中です。

そんな中、個人情報やプライバシーの問題で最近話題になっているのがグーグルです。
先日、グーグルストリートビューが日本でもスタートしましたが、「自分の家の玄関が写っている…」など、あまりいい気持ちじゃない方も多かったでしょう。

今回、問題にされているのは、グーグルの別のサービスである「グーグルマップ」です。
グーグルマップ自体はとても便利なものなのです。
これに、自分で使う為の自作マップという機能があるのですが、これの使い方を勘違いしている人がいて、個人情報が流出しているという問題があるそうです。

参考ニュース
「グーグルマップ」止まらぬ情報流出…マイマップの落とし穴
MSN産経ニュースより

グーグルマップの自作マップの機能ですが、私は使ったことないのではっきりとは分かりませんが…。
どうやら「非公開」と「公開」という選択肢があるのですが、「非公開」というのはあくまでもマップ検索の対象から外す為のものであって、ウェブ上には存在するものなんだそうですね。
それが、日常の検索で引っかかってしまって検索サイトに表示されてしまうということだそうです。

…ただ、「非公開」といわれると、公開されないと思いますよね、普通は。
このあたりの勘違いから、悪気なく書き込まれた個人情報がウェブ上に出回ってしまっているようです。
確かに家庭訪問のときに、それぞれの保護者宅の家が分かる地図、ほしいですからね。公開されずにつくれると思っていたら作りますよ、そりゃ。

今は、グーグルのほうも対策をとりはじめているようですが、長ったらしい規約もきちんと読まないといけないなぁと思います。
posted by nappie at 21:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。